些細な事でもいいんです
国産・外車を問わず、年式も関係ありません。
普段乗っていて「・・?」と思う時、マリンにご相談ください!

まっすぐ走ってない、なんか違う振動、臭い、アクセルレスポンス、ブレーキ、なんでもです。
それらは未来の警報かもしれません!
定期的にセーフティチェックを受けて、路上で止まってしまうなどのリスクを未然に防ぎましょう!
マリン自慢のセーフティチェック

当社のチェック項目
※車種・装備により点検項目は異なります。


エンジンルーム点検
■パワーステアリング
 ベルトの緩み、損傷、オイル漏れ(ホース等)
■冷却装置
 ファンベルトの緩み、損傷、冷却水の漏れ
 ファンの回転、リザーバタンク
■点火装置
 スパークプラグの状態、点火時期、ディストリビュータキャップ状態、
 プラグコードの断線
■バッテリ
 ターミナル部の緩み、ケーブルの腐食、断線、新品交換
■オイル
 モーターオイル、ミッションオイル、ブレーキフルード、パワステフルードの量
 とそれらの漏れ
■吸排気
 エアクリーナの汚れ、つまり、損傷、排気ガスのモレ、色、異音
 


エンジンルームの全ての機関系部品
や消耗品を確認します。
オイルや冷却水等はもちろん、劣化
が懸念される部品はすべてリストア

プします。
※写真は'66 Ford Mustang

室内点検
■ブレーキ・ペダル
 遊び、踏み込んだ際の床板との隙間、きき具合、ペダルの減り具合
■パーキングブレーキ
 引きしろ(踏みしろ)、きき具合
■クラッチペダル
 遊び、切れたときの床板との隙間、ペダルの減り具合
■アクセルペダル
 踏みしろ、ペダルの減り具合
 
マリン ベビーサンダー室内

メニュー以外にも気づいた点は全てリ
ストし、ご報告します。
※写真は'56 Ford Thunderbird

足回り点検
■マスタシリンダの液漏れ
■ディスクブレーキ
 ディスクとパッドとの隙間、摩耗、ディスクキャリパの液漏れ
■ドラムブレーキ
 ドラムとライニングとの隙間、ホイールシリンダの液漏れ
■ブレーキシュー
摺動部分、ライニングの摩耗
■ホイール
 タイヤの溝の深さ、亀裂、穴、摩耗
 ボルト、ナットの緩み
 ホイルベアリングのガタ
1956 thunderbird brake
止まるだけでなく、曲がる性能も大き

左右するブレーキや足回りを入念に
チェックします。

下回り点検
■漏れ
 エンジンオイル、ミッション、デフ、パワステ、ブレーキ、冷却水の液漏れ
■各機関部品
 プロペラシャフト、ドライブシャフト緩み
■ブレーキホース、パイプ
 漏れ、損傷、取付状態
■排気系
 取り付けの緩み、損傷、遮熱板の緩み、損傷、腐食
1956 thunderbird
トラブルの元になる液漏れのない状
態になるまで入念にチェックします。
長年乗った愛車、次の車検で多額の出費を抑えたい、買ったばかりのクルマ等は必ず点検されることを推奨します!