当社は正しいことを真直ぐにやり抜き、そのことで成長を実現させてきました。反社会的なことや不正なことを排除し、市場の支持を得て成長していく「王道」「正道」を私たちは歩んできました。
弊社の提唱する「直輸入サービス」はアメ車はカッコイイけど、店はヤンキーの巣窟みたいでウサン臭いし怖い、と二の足を踏む方々にも安心して夢の車を実現のものにしていただきたいという思いから生まれました。
単なる車の右から左の輸入代行と異なり、確かな車を輸入して、弊社で整備の上で御納車する。歴史的な遺産であり、なにより命を運ぶ車に対する安易な改造を拒絶し、お客様により楽しくより快適なカーライフを楽しんで頂く事にこだわってきました。その積み重ねのお陰で、全国たくさんの方々に御愛顧頂くようになった今もけっしておごることなく、誠実さ、謙虚さ、ひたむきな情熱を持ち、高い成果をあげるためにどう行動すれば良いかを常に考え、挑戦し続けています。
弊社の仲間は、いつもお客さまやビジネスパートナーの状況を考え、気配りを忘れず、互いに学び続け、努力し、成長し続ける意志を全員が持っています。

WHY BUY FROM MARIN

マリンコーポレーションはこれまで経済の浮き沈みに関わらず、少しずつでも着実に成長してきました。
何故それが実現したのか、それは、常にお客様の心の声に耳を傾けてきたからです。
販売においてはお客様の夢を叶えるべく耳を傾け、車探しから仕様の詳細に至るまで、お客様に妥協させることのない車を提供し続けてきました。
整備においてもお客様の悩みに耳を傾け、解決の糸口を探し出し、大事な愛車を納期にお返しする事に全力を尽くす。
販売・整備共に最後は必ず笑顔で「ありがとうございました!」と言って送り出すんだという「揺るぎない覚悟」を持ってお車1台1台に携わっています。そんな日々の覚悟が私たちを成長させてくれると信じています。
日本経済は残念ながらピークアウトしたことは否めません。減税制度の恩恵を受けて爆発的にエコカーが増えている影で、廃墟と化した中古車屋さんを見掛けない日はありません。ただ、それは逆に当社としては本当にチャンスだと考えています。現に日々見かける雑誌やコマーシャル、ドラマ等のワンシーンにクラシックカーがこんなに登場する時代が来るとは誰が想像したでしょうか。個性が必要なシーンには必ず登場するクラシックカー。個性溢れる方々ひとりひとりのニーズに、過去100年から提案できる当社の柔軟性と事業スピードで応え続けます。

こんな時、マリンコーポレーションまでご連絡ください。
「クラシックじゃないんだけど国産以外の選択肢が欲しい」
マリンでは海外の新車や中古車の情報も網羅しており、お客様に海外の最新情報を紹介。
お客様に代わって輸入し、国内登録はもちろん、日本の車検基準に合わせて道路に出れるお手伝いをします。
マリンコーポレーションというとアメ車ばかりに目が行きがちですが、ポルシェ、メルセデスベンツ、フェラーリ等に代表されるエキゾチックカーやロールスロイスやベントレー等はアメリカから輸入したほうが国内で探すよりも割安な場合も多いです。

「いいなぁと思う車をテレビで見たんだけど、車種とか車名とかわかんないし、聞いたら買わなきゃいけないよう
な・・」
ぜひ、お気軽にご連絡ください!電話でもメールでも結構です。当店のエキスパートが、そのお車のメーカー、年式はもちろん、海外から日本に持ってきた場合、ナンバーを取得する事の可否からその費用までご案内します。

「日本車ナンバーワン!インフィニティとか欲しい」
逆輸入も承ります。ご連絡頂ければお見積もり致します。

「前にマリンで売ってた車、私も欲しいんだけどもうムリ?」
アメリカでは自動車は日本と異なり何十年も愛され続けます。仮に当店でもう売れてしまってもご連絡ください。同程度のお車を探してお見積もり致します。

「愛車を売りたい」
ご連絡ください。ただ、これまでにない不況につき、クラシックバリューのない車によってはお受けできない場合もございます。ただし、車によっては売却で現金化するよりも委託販売方式を取った方が圧倒的にお得な場合も多々あります。愛車とのお付き合いに悩んだらご連絡ください。

「他店で買った車の整備とか車検もOK?」
喜んで承ります。

「自分で整備するのでパーツだけ欲しい」
ご連絡ください。アメ車、国産問わずお取り寄せ致します。ハーレー等バイクパーツも承ります。

「自分でパーツ買うので取付けだけして欲しい」
ご連絡ください。喜んで承ります。

「ベース車両があるんですが、レストアやって欲しい」
国産、輸入車問わず喜んでお見積もり承ります。

その他、お車の事でご質問・ご要望あればお気軽にご連絡ください。